スマイルデンチャー


最新

トップページへ
診療時間・アクセス

ゆきざき歯科について
院長紹介
3つのこだわり
院内紹介
診療時間・アクセス

治療について
症状別の治療法
前歯
つめもの
かぶせもの
入れ歯
スマイルデンチャー
義歯は難しい、歯科医になって20年以上がたち、歳も初老に達し、いつまで現役の歯科医として患者様の支持が得られる診療が続けられるかな、老眼と体の痛み(腰痛と五十肩)に悩まされながら診療を続けているどこにでもいる歯医者が悩みながら、こんな義歯も自費の義歯としてあるんだ、「へエー、おもしろい」と出会ったのが「ノンクラスプデンチャー」のひとつであるスマイルデンチャーです。

私が「ノンクラスプデンチャー」という言葉を聞いたのは、2004年でした。なんじゃいな、その「ノンクラスプデンチャー」とは、クラスプがない、どうやって口腔内に維持を求めるんだ?

どんなものかと思って、国内最大の技工所、和田精密に問い合わせたり、ほかの技工所さんへ問い合わせたりしたのですが、とんと実態がわかりませんでした。

2005年になり三和デンタルという技工所から「ノンクラスプデンチャー」のセミナーをやるという連絡があったので、早速、参加しました。

これは、いいかもと思いましたので、患者様にお勧めしたところ、作ってくださいと承諾が得られましたので、手探りで、「ノンクラスプデンチャー」を初めて作って患者様にセットしたところ、非常に喜ばれました。

これが、私が知っている範囲では、千葉県で最初にセットされた「ノンクラスプデンチャー」(スマイルデンチャー)だったのです。




ここで、私が患者様にセットしている「ノンクラスプデンチャー」について説明します。

私が患者様にセットしている「ノンクラスプデンチャー」は、三和デンタルが、中国の技工所に製作を依頼して、三和デンタルの経験豊富な技工士の指導の元のに、アメリカ等から、ノンクラスプデンチャー用弾性樹脂材料を中国に輸入をして、中国の技工所で製作をして、その製作された製品の輸入代行を三和デンタルが行っている技工物です。

その技工物を三和デンタルでは、スマイルデンチャーとネーミングしていますので、これからは、「ノンクラスプデンチャー=スマイルデンチャー」として、スマイルデンチャーと名前を統一して説明していきます。




スマイルデンチャーはスーパーポリアミドナイロン樹脂という、アメリカではFDA(食品衛生医薬局)の認可を受けて、50年以上も前から使用されている床材料で製作された義歯です。

以下、その特徴を書きならべると、

金属アレルギーの症例に最適の欠損補綴である。

軽くて、薄い義歯である。

やわらかいので、歯肉をマッサージする効果があり、痛みが出ることが少ない。

色が歯肉に近い色なので、歯肉と見分けがつきにくく、入れ歯だとはわかりにくい。だから「ノンクラスプデンチャー」となって、クラスプがなく、口腔の美的環境を台無しにすることがないので審美的に非常に優れている。

クラスプを金属で作った義歯に比べて、薄く弾性のあるスーパーポリアミドナイロン樹脂で作ったクラスプで歯のアンダーカットを覆うので、金属のクラスプのように、頬(ほっぺた)の動きをじゃますることが少ない。

金属のクラスプは、食べ物がはさまり込むことが多いが、スマイルデンチャーは、挟まり込むことが少ない。

クラウンをカーボランダムポイントで調整するときのようにスマイルデンチャーを調整でき、カーボランダムポイントで削合すると簡単に削れて、調整が容易である。ただし、削れ過ぎるのではと思うぐらいです。

熱に強く、患者様が自分でスマイルデンチャーをセットするときに、ポットの熱いお湯にスマイルデンチャーを浸けて、軟らかくなったところでセットすると、セットが簡単にできる。

ワイヤークラスプの義歯と比べて、歯周病頚部のアンダーカットにしっかり適合させて維持を求めるので、維持が強い。

弾性があるので、割れにくく、曲げても元に戻るし、アクリルのレジン床の義歯のように、不注意で固い石などの上に落としても割れてしまうことがない。

咬合調整のときに、用いているのは硬質レジン歯なので、いつもと同じように調整ができる。




コーヌスクローネを用いた金属床の義歯のように適用症例の幅が広くない。

通常の保険ワイヤークラスプのレジン床義歯で製作不可能な症例や総義歯はできない。

粘膜面に多くの支持を求める多数歯欠損は、スマイルデンチャー製作に際して、スーパーポリアミドナイロン樹脂を約300℃で溶解して射出形成機で打ち込みを行って室温放置をするために、それによって起こる熱収縮のために困難である。

顎堤がやせてしまっている症例は困難である。

白歯部の咬合高経が最低でも5mm以上と十分にない。ノンクラスプデンチャー用床材料は一般的にレジンと化学結合を起こさないため、すべての人口歯に維持孔を掘る必要がある。

対抗歯が床に噛み込むケースも困難である。

すれちがい咬合のように、義歯をたわませるような過大な力が加わる症例はできない。

TOPへ戻る


〒270-1176 千葉県我孫子市柴崎台5-5-7 TEL:04-7186-2424
Copyright (C) 2009 Yukizaki Dental Office All Rights Reserved
Powered by CHI
菊陽町のスマイルライン歯科 医院案内 アクセス トップページへ